玄米 × カカオ丸ごと × 甕発酵(かめはっこう) 酢美山 お酢マイスターの挑戦

玄米 × カカオ丸ごと × 甕発酵(かめはっこう)

美容・健康のため
お酢マイスターの挑戦

  • 200年以上の歴史を持つ「重久盛一酢醸造場」の新しい挑戦。
  • カカオを丸ごと、甕で発酵。栄養素を余すことなく使った、これまでにないお酢。
  • カカオポリフェノール配合。プレミアム版にはさらにGABAを配合。カラダの中から綺麗を作る。



酢美山 カカオ甕発酵酢 完成

記念すべき初甕のカカオ酢をあなたへ
数量限定
クラウドファンディングにて先行受注開始予定

4,980円〜

お酢マイスターが3年前から始めたカカオ酢の研究。何通りもの試行錯誤を繰り返しながらたどり着いた仕込み方法で、ようやく完成しました。発酵すると酢になるので、もちろん酸っぱいのですが、カカオのほんのりした香りがします。

甘みを加えた通常版と、甘みなしでGABAを配合したプレミアム版の2種類をご用意いたしました。お好みでお選びください。

 

  




酢美山とは




重久盛一酢醸造場で造られる新しいお酢を、お酢の可能性を探求し最高峰を目指すブランドとするべく「須弥山」(しゅみせん : すみせんとも読む)から名前をいただき、 美容・健康に良い最高峰のお酢という意味で「酢美山」(すみせん) と名付けました。
*須弥山 : 古代インド仏教の世界観で、 その仏教世界の中心になる高い山のことです。 
 

酢美山3つのこだわり

1. 原料へのこだわり
トレーサビリティがはっきりした、安心・安全な原料を使用する。

2. 美容・健康へのこだわり
お酢の美容効果を増す効果のある原料だけを使用する。

3. 発酵へのこだわり
使用する原料を最大限発酵させてお酢を作る。


酢美山「醸造の想い」

一般的な出汁酢は、「出汁+お酢」と最終的にブレンドして作られます。
果実酢の多くは果物からとれる果汁を醸造してワインにしてから、醸造をしてお酢を作ります。
これでは原材料が持つ本来の栄養素を全て活用していないため、酢美山のお酢は全く違うアプローチで作っています。

 

まるごと発酵

合わせる食材そのものを発酵
かつお酢であれば、お酢の主原料である玄米とかつお節を合わせて発酵させます。お酢に合わせる原料そのものを発酵させることで、素材のもつ旨味や栄養素を余すことなく使用できるからです。


ダブル発酵
果実酢であれば、イチゴ、ザクロなどは果実そのものを玄米と発酵させてお酢を作ります。
また、果実そのものを発酵させた場合、栄養素は豊富ですが果実の風味は発酵により損なわれるため、酢美山のお酢は果実を発酵させた後、果汁を加えさらに発酵させるダブル発酵を行っています。



重久盛一酢醸造場

重久盛一酢醸造場は、雄大な桜島を正面に錦江湾の中心に位置しています。
温暖な気候条件の中で昔ながらの製法、世界でも類をみない甕壺露天醸造法を用い、「甕酢(かめす)」を主とする1805年に創業した『鹿児島最古の黒酢醸造元』。昭和47年の鹿児島国体においては、天皇・皇后両陛下行幸啓の折に、展覧目録品12号として登録をされました。
古来から受け継いできた伝統や製造法を「杜氏」が、その経験と感性そして巧みな技、様々な研究データを基に『最高峰の福山壷黒酢』 を 造り上げています
現在では従来の黒酢だけではなく、お酢の可能性を探究し、様々な原料を使った発酵酢『福山甕酢』を研究。
甕酢は米麹、地下水と共に野菜や果物などをまるごと発酵させる、これまでにないお酢です。
これからもお酢の可能性を引き出すため、研鑽を続けます。

正面に桜島を望み、たくさんの甕が並びます。

原料の1つ、麹を投入。

地下水を注ぎ込みます。

蓋をして発酵。

発酵具合を確認。 *写真はカカオ甕発酵酢ではありません