【新開発】電源不要で氷上でも32℃の寒さ対策! ずっとぽかぽかシート 日本製

  • 氷の上で使っても32℃をキープできる断熱性。まるでリビングに座っている暖かさ。
  • 電源不要の真空断熱。体温逃さずずっとぽかぽか。低温やけどの心配なし。
  • カバーは表も裏も透湿防水素材。急な雨でも安心。お手入れ簡単。

 

寒くてもずっと快適に楽しみたい
電源不要の新開発
真空断熱素材で寒さ対策に

冬キャンプ、寒くて楽しめなかった。
そんな思い出はありませんか?

座って数分、体温を逃がさず、まるで床暖のような暖かさが続きます

「ずっとぽかぽかシート」は、氷の上で使っても32℃をキープする高い断熱性に、防水性・撥水性とクッションのような座り心地を兼ね備えた独自の構造。 電源不要でどこでも寒さからあなたを守ります。

 

 

電気不要でずっとあたたかいシートを作りたい。

夢の様な話ですが、真空断熱を活用すれば実現できると考え、真空断熱パネルを応用しました。特許も出願して2019年と2020年に製品を開発し、それぞれをMakuakeにてご紹介。今回が3作目です。

従来品も非常にあたたかく、サポーターの方々からご評価いただいておりますが、真空断熱シートは硬く、高価という課題がありました。

そこで柔軟性を持ちつつ、安価な新しい真空断熱シート開発に挑戦し、この度実現。コストダウン分を還元することもできました。しかもシートのインナーに吸湿性の高い素材を使い、冬だけでなく夏もサラサラとした感触で活躍します。

冬キャンプなど屋外で楽しまれる際に、寒さを忘れて快適にお過ごしいただけるお役に立ちたいと願っております。
ぜひ日本の冬を日本製のずっとぽかぽかシートでお楽しみください。

 

 

 

*カーキ側を表面としてもお使いいただけます。
その際は、カバーの破損予防のため、真空バルブを上向きにした真空断熱シート、その上にウレタンフォーム2枚の順番でカバーに入れてお使い下さい。

*ヒモはMサイズのみ、ボタンによる連結はLサイズのみの仕様です。

 

 

断熱シートは、お送りする段階では真空になっておりません必ず下記の手順を行ってからお使い下さい。

1. 不織布内の粉体をできるだけ均等にならす。
2. 真空バルブから掃除機などを使って吸引する。
3. 真空状態にしてカバーに戻す。

*吸引の仕方によっては、内部のシリカゲルが片寄る場合があります。
*表面に多少デコボコ感が残ることがあります。

  

▼ 詳細はこちらから ▼